Sync Health Blog

砂肝の栄養成分をひも解く~体への影響や健康レシピを管理栄養士が伝授~

  • カテゴリ
砂肝の栄養成分をひも解く~体への影響や健康レシピを管理栄養士が伝授~

当記事を監修した専門家:管理栄養士・調理師 前間弘美、編集長 宮田亘造(詳しいプロフィールはこちらをご覧ください)

独特の歯ごたえが魅力の砂肝。

焼き鳥でもお馴染みの部位で、スーパーでも良く見かけますが、砂肝はどこの部位かご存知ですか?実は砂肝は砂嚢(さのう)とも呼ばれ、鳥類特有の胃のことを示します。

歯のない鳥類が食べ物をすりつぶすために使っている部位のため、内臓のわりに筋肉の多さが特徴です。そのため砂肝はたんぱく質が豊富で、鶏もも肉(皮なし)とほぼ同じ量のたんぱく質が含まれているとか。

そんな意外性のある砂肝について、今回は栄養成分だけでなく、体への影響についても詳しく解説していきます。

定番の焼き鳥やおつまみとしてだけでなく、普段の食事に気軽に取り入れられるレシピもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

砂肝の栄養素と効能

砂肝の栄養素と効能
砂肝にはたんぱく質をはじめ、ミネラル(鉄、亜鉛)やビタミン(ビタミンB12、葉酸)など私たちの体を維持するために必要な栄養素が多く含まれています。早速ですが、各栄養素の効能について見ていきましょう。

豊富に含まれるたんぱく質

たんぱく質は筋肉や臓器など体を構成する主要な栄養素で、体の機能を調整する役割も担っています。砂肝は「筋胃」とも言われるほど筋肉が多いため、たんぱく質が豊富に含まれています。

酸素運搬係の鉄

鉄は体内の酸素を輸送するために必要です。日本人が不足しやすい栄養素の一つであるため、意識して摂取する必要があります。なお鉄が不足すると貧血になり、体が重く疲れやすいなどの症状が出ます。

味覚にとても大切な亜鉛

亜鉛はDNAの合成に携わっており、新しい細胞が作られる器官では必須のミネラルです。また味覚を感じる味蕾(みらい)細胞にも関与しているため、不足すると味を感じにくくなります

貧血予防にビタミンB12

ビタミンB12はたんぱく質の生合成やアミノ酸の代謝に関わっていますさらに赤血球の生成にも重要な役割を持ち、貧血予防に欠かせない栄養素です。

ビタミンと言えば野菜や果物に多く含まれていると思われがちですが、ビタミンB12は植物性の食品には含まれず、魚介類、藻類、肉類、卵類、乳類に多く含まれます。

妊婦さんにも重要な葉酸

葉酸はビタミンB群に属しており、赤血球の生産を助けますまた、細胞の生産や再生を助ける役割も担っていることから、体の発育にも重要な栄養素です。

特に胎児にとって重要な栄養成分であるため、妊婦は十分に摂取する必要があります。



砂肝はカロリーが低く、ダイエットに効果あり

砂肝は100gあたり86kcalとカロリーが低いため、ダイエットに適した食材です。参考までに鶏モモ肉(皮つき)は100gあたり190kcalと、砂肝のカロリーの2倍以上もあります。

また砂肝は低カロリーなだけでなく、歯ごたえがあるために噛む回数が増え、満腹感が得られるのも嬉しいですね。

参考記事:砂肝は低カロリー&低糖質でダイエット向き~栄養素や体への影響も詳しく解説〜

一方で砂肝はコレステロールが高いのでダイエット時に注意が必要

いくらダイエットに適しているとは言え、砂肝にはコレステロールが多く含まれるため食べ過ぎないようにしましょう

コレステロールは細胞膜の主要な構成成分であり、ホルモンの原料にもなるため私たちの体を維持するのに欠かせない役割を担っています。

しかしコレステロールの摂り過ぎによって体内のバランスが崩れると脂質異常症となり、動脈硬化や脳梗塞を引き起こすリスクが高まるので注意が必要です。

脂質異常症の重症化予防のためには、コレステロールの摂取量を1日200mg未満にとどめることが望ましいとされていて、砂肝に換算すると100g未満になります。

ちなみに砂肝の焼き鳥1本が40g前後ですので、砂肝を食べる際は焼き鳥2本分を目安にすると良いでしょう。

砂肝の体への影響

砂肝の体への影響
私たちの体を維持するために必要な栄養が豊富に入っているにも関わらず、カロリーが低くダイエットに適していると分かれば、砂肝を日々の食事に積極的に取り入れたくなった方もいると思います。

そこで砂肝の体への影響について、注意すべき点についてもお伝えさせてください。

下記の内容を正しく理解することで、安心して砂肝を楽しむことができますよ。

消化に悪い?食べ過ぎると腹痛になるのか

砂肝は歯ごたえが良い、つまりは硬い食材であるため、よく噛まずに食べると胃腸への負担が大きくなります。
そのため消化不良による腹痛を起こすこともあるようです。

ですが砂肝自体に胃腸を刺激する成分は入っていませんので、適量をよく噛んで食べる分にはそこまで心配しなくて良いでしょう。

血圧が上がるって本当?

砂肝が血圧を上げることはありませんが、血圧が高い方は砂肝の食べ過ぎに注意しましょう。なぜなら先ほど申し上げたように、砂肝にはコレステロールが多く含まれているためです。

高血圧の方は動脈硬化や脳梗塞のリスクが高い状態ですが、加えてコレステロールの体内バランスが崩れると、そのリスクをさらに高めることになるため気を付けましょう。



鳥砂肝を使った体に良いレシピをご紹介

鳥砂肝を使った体に良いレシピをご紹介
ここでは野菜がたっぷり摂れる「砂肝のスープ」をご紹介します。

砂肝は消化不良を起こすこともあるとお伝えしましたが、しょうがは体を温めるだけでなく胃腸の働きを助けてくれますよ。

【材料~2人分~】
・砂肝  200g
・長ねぎ 1/2本
・人参  1/2本
・大根  3cm
・しめじ  1/2株
・しょうが  1かけ
・水   600cc
・鶏がらスープの素 小さじ1
・酒   大さじ1
・醤油  小さじ2
・塩   少々
・胡椒  少々


【作り方】
①長ねぎ、皮をむいた人参、大根は食べやすい大きさに切る。しめじは石づきを切り落とし、手で小房に分ける。しょうがは皮をむき、薄切りにする。
②砂肝を軽く洗ってから、硬いところをそぎ落とし、薄切りにする。
③鍋に①と水、鶏がらスープの素を入れて、強火にかける。
④③の鍋が沸騰したら②の砂肝と酒を加え、再び沸騰したら弱火で煮る。
⑤10分ほどして食材が柔らかくなったら、醤油を加え、塩胡椒で味を調えて完成。

まとめ

以上、砂肝の栄養成分、体への影響について解説しました。

砂肝には私たちの体を維持するために必要なたんぱく質、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれていることが分かりましたね。

カロリーが低くダイエットにも適している食材ですが、コレステロールが多く含まれているため、食べ過ぎには注意が必要です。砂肝を食べる際は焼き鳥2本分を目安にすると良いでしょう。

それでは当記事を参考にして、日々の健康サポートのために気軽に砂肝を取り入れていただけたら嬉しいです。

なお、弊社の開発する無料アプリ・シンクヘルスでは血糖値や体重、運動や食事の記録がカンタンにできます。日々の血糖コントロールにてぜひ活用してみてくださいね。

参考文献
独立行政法人 家畜改良センター兵庫牧場 鶏肉の部位
公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット 三大栄養素のたんぱく質の働きと1日の摂取量
公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット ミネラル成分の鉄分の働きと1日の摂取量
公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット 亜鉛の働きと1日の摂取量
公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット ビタミンB6/B12の働きと1日の摂取量
公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット 葉酸の働きと1日の摂取量
公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット コレステロールの働きと1日の摂取量
文部科学省 食品成分データベース

LATEST BLOG最新ブログ記事