Sync Health Blog

ホタテに含まれる栄養素はすごい!~健康効果やおすすめレシピもご紹介~

  • カテゴリ
ホタテに含まれる栄養素はすごい!~健康効果やおすすめレシピもご紹介~

当記事を監修した専門家:管理栄養士・調理師 前間弘美、編集長 宮田亘造(詳しいプロフィールはこちらをご覧ください)
お刺身はもちろん、煮ても焼いても美味しいホタテ。
ホタテは二枚貝で、冷たい水を好むため主に北海道や東北地方で生息しています。
さらにホタテは生臭さなどのクセが少ないため、世界でもさまざまな料理に使われているそうです。
そこで今回は、ホタテの栄養と効能について分かりやすくお伝えしていきます。
さらにホタテを使ったおすすめレシピもご紹介しますので、最後までお付き合いください。

ホタテの栄養成分と効能

ホタテの栄養成分と効能
それではホタテの栄養と効能を順に解説していきますね。

体の機能を維持するたんぱく質

たんぱく質は私たちの体の筋肉や臓器など体を作るだけでなく、酵素やホルモンなどの材料となり体の機能も調整しています。
また、たんぱく質が不足すると筋力も低下するため、たんぱく質は私たちの体にとって重要な栄養素です。
なお、ホタテはたんぱく質が豊富ですので、筋肉や体の機能を維持するのに役立つでしょう。
参考記事:たこの栄養成分と効果~ダイエット中や妊娠中の影響についても詳しく解説~



生命維持に重要なコレステロール

ホタテにはコレステロールも含まれています。
コレステロールは、私たちの体において細胞を包む、細胞膜の主要な構成成分となっています。さらにコレステロールは、性ホルモンやビタミンDの原料となり私たちの生命維持にも重要な物質です。
しかしコレステロールを摂り過ぎることで心臓疾患や脳梗塞につながるおそれがあるため、特に血中コレステロールの数値が高い方は、摂り過ぎには注意しましょう。

タウリンで高血圧予防

ホタテにはタウリン(※)も豊富です。
(※)たんぱく質が分解される途中過程でできる、アミノ酸に似た物質です。
タウリンは血中のLDLコレステロールを減らす働きや高血圧予防効果が期待できます
また水に溶けやすい性質があるタウリンは、鍋物やスープに入れて汁ごと食べると栄養素が有効に摂れてオススメです。
そしてタウリンは私たちの体でも作られていますが、必要量には足りていないため、食品からも取り入れましょう。
参考記事:たこの栄養成分と効果~ダイエット中や妊娠中の影響についても詳しく解説~

味覚を維持する亜鉛

ホタテには、味覚障害を予防すある亜鉛が含まれています
亜鉛は、味覚を感じる味蕾(みらい)細胞を作る際に必要なミネラルのため、亜鉛が不足することで味を感じにくくなる可能性も。
さらに亜鉛は、免疫反応や血糖値を下げる働きなどもあるため、不足すると全身にさまざまな症状が現れます。
近年、食生活の乱れにより亜鉛不足になる人が増えているため、多品目の食品をバランスよく食べるよう心がけましょう。
参考記事:カシューナッツの栄養成分と効能~健康に良い食べ方も徹底解説~

ビタミンB12で悪性貧血を防ぐ

ホタテにはビタミンB12が豊富です。ビタミンB12はたんぱく質の合成やアミノ酸や脂肪酸の代謝に関与しています。
またビタミンB12は正常な赤血球を作る際にも重要な働きをするため、不足すると造血作用がうまく働かず悪性貧血になる可能性があります

妊娠中に大切な葉酸

ホタテには、貧血予防に効果的な葉酸も含まれています
葉酸はビタミンB群のひとつで、赤血球の生産を助ける働きがあります。さらに胎児の正常な発育にも必要なため、妊娠を考えている女性や妊娠中は意識して摂りたい栄養素です。
参考記事:いちごの栄養成分で健康づくり~効能を活かした食べ方やレシピも伝授~

番外編:ホタテのカロリー量は多いのか

ホタテのカロリー
ちなみにホタテのカロリーは、100gあたり66kcal(生)で一般的には低カロリーの食材です。
カロリーを気にされる方でも安心して食べていただけるでしょう。

【貝柱・ベビーホタテ・干し貝柱】栄養価に違いがあるの?

「ベビーホタテ」はホタテの稚貝、「干し貝柱」は貝柱を茹でて干したものです。
それでは、貝柱や干し貝柱の栄養素を比べてみましょう(※可食部100gあたり)。

このように、干し貝柱は、水分が減った分カロリーや亜鉛が多くなっていることが分かりますね。
なお、ベビーホタテは普通サイズのホタテとほぼ栄養価は変わりません。



ホタテは体に悪いのか

ホタテは体に悪いのか
結論から申し上げますと、ホタテは基本的に体に良い食材です。
というのも先ほどもお伝えした通り、ホタテにはたんぱく質やタウリン・ビタミンB12など、私たちの健康を維持するために重要な栄養素がたくさん含まれているからです。
さらにホタテは低カロリーで高たんぱくであるため、ダイエットを意識している方にとっても嬉しい食材と言えるでしょう。

ホタテを使ったおすすめレシピ

ホタテとホタテにはあまり含まれないビタミンCや食物繊維を補える、キャベツを使ったシンプルなバター醤油焼きをご紹介します。
【ホタテとキャベツのバター醤油焼き】
ホタテとキャベツのバター醤油焼き

【材料】~2人分~

・ホタテ   6個
・キャベツ  2枚
・塩     少々
・こしょう  少々
・醤油    小さじ1
・有塩バター 大さじ1

【作り方】
①キャベツは3~4cmのざく切りにする。
②熱したフライパンにバターを入れ、①のキャベツを炒める。
③キャベツがしんなりしてきたら、ホタテを入れ軽く炒める。
④醤油、塩こしょうで味付けをして、お皿に盛り付けたら出来上がり。

まとめ

以上、ホタテにはたんぱく質やコレステロール、タウリン・ビタミンB12・葉酸など私たちの体にとって嬉しい栄養素がたくさん含まれていることが分かりましたね。
さらにホタテは低カロリーで高たんぱくな食材のため、健康を意識している方にも嬉しい食材と言えるでしょう。
今回の記事により、ホタテをうまく取り入れていただけると嬉しいです。
今回ご紹介した野菜炒めのメニューも参考にされながら、楽しくダイエットをしていただけると嬉しいです。

☆最後に閲覧お願いします☆

この度ですがブログの読者様に何か一つでも健康に関する解決策をご提示できないか?と思い、中華に特化した宅配食【食べチャイナ】をスタートしました。

スタートしたばかりですので、内容の紹介ページも飾り気なくありのままで、品目も少ないですが(これから充実させます)、

中華が好きだけど糖質&カロリーが多く食べれない・・・

そのような方に向けて糖質&カロリーに配慮した美味しい中華宅配食をご用意しています。

今ですと限定500名のモニター価格で販売していますので、ぜひこちらをクリックいただき、お気に召されましたら当宅配食をご購入いただけますと幸いです。

また、最後まで当記事をお読みいただき大変感謝します。【シンクヘルス・ブログ編集長 宮田 亘造】



参考文献

日本食品標準成分表 2020年度版(八訂)

カロリーSlism
eatsmart
北海道ぎょれん 北海道のさかな
青森県産業技術センター ほたてがい豆知識
日本貿易振興機構(ジェトロ)ホタテ
健康長寿ネット ビタミンB6/B12の働きと1日の摂取量
厚生労働省 e-ヘルスネット タウリン
農業協同組合新聞 
北海道産ベビーほたて唐揚げを発売 生活クラブ

LATEST BLOG最新ブログ記事