Sync Health Blogシンクヘルスブログ

ポップコーンのカロリーと糖質は多め〜ダイエット中は食べ過ぎに注意〜

ポップコーンのカロリーと糖質は多め?〜ダイエット中は食べ過ぎに注意〜

当記事を監修した専門家:管理栄養士・糖尿病療養指導士 白石香代子 、編集長  宮田亘造(詳しいプロフィールはこちらをご覧ください)

映画館やテーマパークで人気のポップコーン。口当たりの良さから、ついつい食べ過ぎてしまう方も多いのではないでしょうか?

昔ながらの塩気のきいた軽い食感が魅力のものから、甘じょっぱくてカラフルなものまで、最近ではさまざまな味、見た目のポップコーンがありますよね。

とはいえ、スナック菓子であることからも想像できる通り、ポップコーンは一般的にカロリーと糖質が多めです。

そこで今回は、ポップコーンのカロリーと糖質についての解説はもちろん、どのような工夫をすればダイエット中でもポップコーンを楽しめるのかもお伝えします。どうぞ最後までご覧ください。

ポップコーンのカロリーと糖質(100gあたり)

ポップコーンは100gあたり484kcal、糖質50.3gです。

これは、直径20cmの一般的なピザ(セミドライソーセージやピーマン、玉ねぎ、マッシュルームなどをトッピングしたもの)半分以上のカロリーと糖質量です。

このことから、ポップコーンはカロリー糖質共に高いことがわかりますね。

参考記事:ピザのカロリーと糖質は多め〜ダイエット中はトッピングも気をつけよう〜




映画館でのMサイズだとどれくらいか

映画館でのMサイズだとどれくらいか

映画館により違いはあると思いますが、ポップコーンMサイズは大体90g-110gほどと予想されます。

ですから、カロリーは436-532kcal、糖質は45.2-55.3gを目安にすると良いでしょう。

味付けによってカロリーは変わるのか 

ポップコーンにはさまざまな味がありますよね。まずは味付けによるカロリーの違いをみていきましょう。味付けによってカロリーや糖質は変わるのか

上の表からも、ポップコーンは味付けによってカロリーが変わることがわかりますね。

特にキャラメル味は、塩味とバター味に比べてカロリーが高めです。なぜなら、キャラメルソースは一般的に「砂糖と水とバター」で作るからです。

さらに砂糖には糖質が多く含まれるので、キャラメル味のポップコーンは他の味に比べて、糖質の量も高くなります。

ですから、カロリーや糖質が気になる方は塩味のポップコーンを選ぶと良いでしょう。

食べ過ぎはダイエットにも影響するのか

ポップコーンの食べ過ぎはカロリーや糖質の過剰摂取となり、ダイエットにも影響します。

すでにお伝えしたように、ポップコーンはカロリー糖質共に高い食べ物です。

食べ過ぎによる余分なカロリーや糖質は、中性脂肪として体内にため込まれ、体重増加につながります。

ポップコーンの栄養素

ポップコーンの栄養素

カロリーや糖質が高いポップコーンですが、ビタミンEや鉄分、食物繊維も豊富に含まれています。

1)ビタミンE
ビタミンEは抗酸化作用があり、血管を健康に保ちます。また、体内の細胞の酸化を防ぐため、老化防止にも役立つ栄養素です。

2)鉄分
鉄分は血液中の酸素を全身へ送る役割を果たしています。鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血となり、息が切れる、疲れやすいといった症状を感じるようになります。

3)食物繊維
食物繊維は、水分を吸収して便を増やすことで排便を促すため、便秘対策に効果的です。また、食後の血糖値の上昇を緩やかにしたり、コレステロールの吸収を遅らせたりする働きがあります。

カロリーや糖質を控えめにする食べ方

カロリーや糖質を控えめにする食べ方

カロリーや糖質を控えるポイントを、2つご紹介します。

1)ポップコーンを油を使わずに調理

ポップコーンを作るときは、油を使わずに調理しましょう。

乾燥させたポップ種のトウモロコシを加熱すると、ポップコーンができるのですが、一般的に加熱する際に油やバターを引いたフライパンで炒ります(※)。

(※)炒るとは、食材の水分がなくなるまで加熱調理をすることです。長時間加熱するので焦がさないように、フライパンなどの調理器具を揺すり続ける必要があります。

このときに油やバターを引かずに炒ったり、電子レンジで加熱したりすることで、低カロリーのポップコーンを作ることができます。

2)食べる量を減らす

市販のポップコーンを食べる際は、1日に食べる量を1/3~1/2袋にしましょう。

スーパーやコンビニなどにあるポップコーンは、1袋50g程度のものが多く、1袋でおよそ242kcal、糖質25.2gです。これはご飯で換算すると、カロリーはお茶碗一杯分(白米150g)、糖質はお茶碗半分(白米75g)とほぼ同じです。

そこで、1日に食べる量を1/3~1/2袋に減らすと、80~121kcal、糖質8.4~12.6gとなり、カロリーと糖質を控えることができます。




まとめ

以上、ポップコーンのカロリーや糖質は多めであることがお分かりいただけたと思います。

中でもキャラメル味のポップコーンは他の味に比べて、カロリー糖質共に高いので、注意が必要です。

とはいえ、手作りのものを食べたり、食べる量を減らしたりと、工夫することでダイエット中でもポップコーンを楽しむことができます。

それでは当記事を参考に、カロリーや糖質を控えるポイントをおさえつつ、ポップコーンを楽しんでいただけたら嬉しいです。

なお、弊社の開発する無料アプリ・シンクヘルスでは血糖値や体重、運動や食事の記録がカンタンにできます。日々の血糖コントロールにてぜひ活用してみてくださいね。

シンクヘルスの紹介

 

■参考文献
カロリーSlims ポップコーン
健康長寿ネット ビタミンEの働きと1日の摂取量
健康長寿ネット ミネラル成分の鉄分の働きと1日の摂取量
健康長寿ネット 食物繊維の働きと1日の摂取量


\SNSで記事の拡散お願いします/

LATEST BLOG最新ブログ記事