Sync Health Blogシンクヘルスブログ

ピスタチオの栄養素と効能~美肌効果や健康効果まで~

  • カテゴリ
ピスタチオの栄養素と効能~美肌効果や健康効果まで~

当記事を監修した専門家:管理栄養士・斉藤裕子、編集長 宮田亘造(詳しいプロフィールはこちらをご覧ください)

ここ最近、あちらこちらで目にする、ピスタチオ。

さらにはピスタチオ風味を付けた商品も散見されます。なぜこんなにも話題なのでしょうか?

そこで話題となっている背景とも考えられる栄養素に注目して解説します。ピスタチオ摂取による効果とは?実の栄養素から薄殻の栄養素まで解明していきます。

ひ最後までご覧ください。

ピスタチオの栄養価

ピスタチオは「ナッツの女王」と呼ばれており、その背景には栄養価が高いことにあります。そしてアメリカにはピスタチオ協会が設立されるほどで、さらにはさまざまな健康効果について研究されているほど、栄養価に注目が集まっています。それでは栄養価が高いといわれる内容について確認してみましょう。

美肌に役立つβカロテン

ピスタチオに含まれるβカロテンは、体内でビタミンAに変わることで、抗酸化作用を持ちアンチエイジングに期待ができます。このβカロテン量は種実類のなかで最も多いのが特長です。

βカロテンは脂質と一緒に摂ることで吸収が良くなる成分ですが、ピスタチオには脂質も含んでいますので、そのままぜひお召し上がりください。

代謝にかかわるビタミンB群

ビタミンB群の中でも特にビタミンB2とビタミンB6 を多く含むピスタチオ。ビタミンB2ビタミンB6はそれぞれ、脂質、たんぱく質代謝に関わるビタミンですが、その他に、髪の毛や皮膚を正常に保つ働きを持っています。

特にピスタチオに含まれるビタミンB6量は種実類の中でトップの値です。ビタミンB6は、月経前症候群(PMS)にも効果を発揮するビタミンとも言われているため、女性に嬉しい成分が含まれており、ナッツの女王と言われる理由も納得です。

便秘対策のための食物繊維

ピスタチオに含まれる食物繊維はそのほとんどが不溶性食物繊維。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、不溶性食物繊維は水分を吸収し腸のぜん動運動を活発にするため、便秘解消に役立ちます。

これら食物繊維は善玉菌を増やす働きを持ち、腸内環境を整えることは免疫機能や美肌にも関係するので、健康づくりにピスタチオをぜひおやつのお供にすると良いでしょう。

その他の嬉しい栄養成分

ピスタチオには脂質も含むことをお伝えしましたが、その脂質の種類にも嬉しい効果が。それはピスタチオに含まれる脂質は主にオレイン酸やリノール酸。これらの脂には、コレステロールを低下させる作用などの血中脂質改善の効果が報告されています。

また、ピスタチオにはメラトニンを多く含むことも分かってきています。メラトニンは睡眠に関与する成分なので、メラトニンを利用した睡眠対策なども今後活用できるかもしれませんね。



食べ過ぎはどのくらい?1日何粒が目安なのか

食べ過ぎはどのくらい?1日何粒が目安なのか

ピスタチオは脂質からのエネルギーを含んでいることもあり、補食の一部として取り入れる際には、摂り過ぎに注意する必要があります。

補食として利用する際の目安のエネルギー量は約150kcal。これは約40粒ほどになりますので、分量を超えない程度で摂取してみてください。

毎日食べ続けると体にいいの?

ピスタチオ摂取による研究は、現在広く実施されており、その内容として、数週間毎日摂取する効果などがあることから、毎日摂取しても問題はないと言えるでしょう。しかし、エネルギー量のバランスが必要となりますので、日々の食事の内容に合わせて、ピスタチオ摂取量をコントロールすることがオススメです。

殻の栄養はあるのか

殻の栄養はあるのか

ピスタチオは殻付きのまま販売されているのが多いと思いますが、その背景としては、湿気を帯びてしまいやすいためです。なるべく殻付きのものを購入するほうが、湿気を防げるため良いでしょう。また、ピスタチオに限ったことではありませんが、ナッツ類につく湿気に起因するカビ毒(アフラトキシン)が健康に良くないとされていますので、注意が必要です。

そして殻から中身を取り出すと薄い皮に包まれたピスタチオが登場しますが、この皮には整腸効果のある食物繊維が豊富に含まれていますので、出来る限り一緒に食べることが良いでしょう。




まとめ

以上、ピスタチオには、ナッツ界の女王に君臨するだけの健康効果の高い成分が多いことがわかりました。

特に美肌や抗酸化作用に期待できる成分を含み、今後の研究にも期待が持てますね。おやつにナッツが定番化している方も、そうでない方も、ぜひピスタチオを補食の一つとしてご活用ください。

なお、弊社の開発する無料アプリ・シンクヘルスでは体重・カロリー&糖質を含む、食事・血糖値などの記録がカンタンにできます。日々の健康管理でぜひ活用してみてください。


【参考文献】
Can J Clin Pharmacol  Fall 2009;16(3):e407-29. Epub 2009 Oct 29.
BMJ 1999 May 22;318(7195):1375-81. 
Nutrition Reviews, Volume 70, Issue 4, 1 April 2012, Pages 234–240,
Nutrients. 2017 Apr 7;9(4):367.



LATEST BLOG最新ブログ記事