Sync Health Blog

【実はすごい】パセリの栄養&効能効果~管理栄養士がポイント解説~

  • カテゴリ
【実はすごい】パセリの栄養&効能効果~管理栄養士がポイント解説~

当記事を監修した専門家:管理栄養士・調理師 前間弘美、編集長 宮田亘造(詳しいプロフィールはこちらをご覧ください)
サンドイッチやハンバーグなど、料理の引き立て役として活躍するパセリ。
あなたは付け合わせのパセリを食べる派?それとも残す派ですか?
鮮やかな緑色、あの香りと苦みはパセリ独特。個性派の名脇役といったところでしょうか。
そんなパセリ、実は栄養満点!
脇役にしておくにはもったいない、主役級の栄養をもつ緑黄色野菜なのです。
そこで今回はパセリの魅力を、管理栄養士がわかりやすく解説いたします。パセリの栄養を活かした効果的な食べ方もお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

パセリのここがすごい!3つの栄養&効能効果

パセリのここがすごい!3つの栄養&効能効果
パセリにはたくさんの栄養素が含まれていますが、ここでは特に注目したい栄養と効能効果について解説していきます。



老化予防にビタミンACE

「いつまでも若く元気でいたい!」
誰もがそう願うのではないでしょうか。
わたしたちの体は、酸素を利用する時に「活性酸素」という老化の素を作ります。
この活性酸素が細胞を傷つけ、体のサビつきを加速させます。
そこでパセリに豊富に含まれるビタミンA、C、Eが体のサビつきを予防してくれるのです。
ビタミンA、C、Eは「ビタミンエース(ACE)」とも呼ばれ、一緒に摂取することでより効果が高まります。
パセリにはビタミンACEが全てそろっているため、老化予防につながると言えるでしょう。
参考記事:エイジングケアとは?〜外見と食事をしっかりケアしましょう〜

 生活習慣病の予防に活用

 血糖値、コレステロール、血圧…。
健康診断で気になる数値はありますか?
実はパセリ、生活習慣病の予防に効果的な野菜です。
と申しますのも、パセリに含まれるβ-カロテンは強い抗酸化作用をもち、生活習慣病の予防効果が期待されているからです。
またパセリには体の余分な塩分を排出し、高血圧を予防するカリウムも含まれます。
さらに、多くはないですがパセリに含まれる水溶性食物繊維がコレステロールを下げ、血糖値の急上昇も抑えくれます。

ストレス予防に効果が期待

忙しい日々で疲れが溜まり、イライラすることもあるかと思います。
そこでパセリに含まれるビタミンCが、私たちの体をストレスから守るホルモン「アドレナリン」の合成を助けます。
またパセリにはイライラを抑え、精神を安定させるカルシウムも含まれるのも嬉しいですね。

ダイエットにもパセリ?効果的な3つの理由

ダイエットにもパセリ?効果的な3つの理由
パセリにはダイエットを助ける効果も期待できます。
それでは以下、順に理由を見ていきましょう。

便秘予防

パセリには腸内環境を整える、食物繊維が豊富です。
食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類あり、パセリには不溶性食物繊維が多く含まれます。不溶性食物繊維は便のカサを増やすことで腸を刺激し、便通を促してくれます。
また食物繊維は腸内の善玉菌を増やすので、腸内環境が改善されます。

代謝アップ

パセリに含まれるビタミンB1糖質の代謝を助け、ビタミンB2は脂質の代謝を助けます。

むくみ予防

パセリのカリウムは、余分な水分を体の外に排出してくれます。パセリは体内に水分が溜まり過ぎることを防ぐ、むくみ対策の食材といえますね。

1日どれくらい食べればいい?食べすぎのデメリットとパセリの適量

パセリを食べるのは1日3房、6gが適量です。
と言うのもパセリを一度に大量に食べると、パセリに含まれるアピオールという刺激物質が、腎臓などに悪影響を起こす可能性があると言われ注意が必要だからです。
そのため、妊婦さんの過剰摂取もおなかの赤ちゃんのことを考えると厳禁と言われています。
一方でアピオールには食欲増進、疲労回復、食中毒予防口臭予防と、体にうれしい効能もたくさんあります。適量を心がけ、安全においしくパセリを食べましょう!
参考記事:パクチーの栄養と効果~美容と健康に良い成分や効果的な食べ方をご紹介~

パセリの効果的な食べ方とは?

パセリの効果的な食べ方とは?
では、パセリはどのように食べると効果的に栄養素を摂取できるのでしょうか。
以下、おすすめの食べ方を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

生でそのまま食べる

パセリは水や熱に弱い栄養素、ビタミンCやカリウムを含みます。生で食べれば栄養素が流れ出ることを防ぎます。
食事に添えられたパセリをそのまま食べれば、ビタミンCやカリウムを余すことなく摂れるでしょう。

油と一緒に加熱して食べる

パセリは油に溶ける栄養素、ビタミンA・E・Kを含み、加熱する際に油と一緒に調理すると吸収率がアップします。特にオリーブオイルとは相性抜群です。



乾燥させて食べる

乾燥パセリは水分を除いた分、栄養素が凝縮されているので少量でも効率よく栄養素が摂れる優れものです。
スープやパスタ、サラダにかけて日々の栄養補給に活用しても良いですね。

まとめ

生でも、油と一緒でも、乾燥させても、栄養価の高いパセリ。
まとめますと、
・老化、生活習慣病、ストレス、便秘、肥満、むくみなどに効果的
・ダイエットにも効果を発揮するが、食べすぎに注意
となります。
それでは当記事を参考にパセリを適量食べて、健康な体を作りましょう!
今回ご紹介した野菜炒めのメニューも参考にされながら、楽しくダイエットをしていただけると嬉しいです。

☆最後に閲覧お願いします☆

この度ですがブログの読者様に何か一つでも健康に関する解決策をご提示できないか?と思い、中華に特化した宅配食【食べチャイナ】をスタートしました。

スタートしたばかりですので、内容の紹介ページも飾り気なくありのままで、品目も少ないですが(これから充実させます)、

中華が好きだけど糖質&カロリーが多く食べれない・・・

そのような方に向けて糖質&カロリーに配慮した美味しい中華宅配食をご用意しています。

今ですと限定500名のモニター価格で販売していますので、ぜひこちらをクリックいただき、お気に召されましたら当宅配食をご購入いただけますと幸いです。

また、最後まで当記事をお読みいただき大変感謝します。【シンクヘルス・ブログ編集長 宮田 亘造】



【参考文献】
文部科学省 食品成分データベース
厚生労働省 日本人の食事摂取基準 2020年
国立健康栄養研究所 健康食品の素材情報データベース
JAさが パセリ
食べて治す!栄養成分事典(主婦の友社)

LATEST BLOG最新ブログ記事