Sync Health Blogシンクヘルスブログ

キムチを食べたら痩せる?〜ダイエット効果・方法・レシピを一挙公開〜

キムチを食べたら痩せる?〜ダイエット効果・方法・レシピを一挙公開〜

当記事を監修した専門家:管理栄養士・糖尿病療養指導士 白石香代子 、編集長  宮田亘造(詳しいプロフィールはこちらをご覧ください)

「キムチはダイエットに良いイメージがあるけど、食べたら痩せるかしら?」

韓国の漬物で、日本でも人気の高いキムチ。酸味や辛味が混じり合う食品で、ダイエット効果を期待する人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はキムチとダイエットの関係&方法などをお伝えすることにしました。

一押しのキムチレシピもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

そもそもキムチとは

キムチ

キムチは白菜や大根などの野菜と、塩や唐辛子、ニンニクなどを使った朝鮮半島発祥の漬物です。さまざまな具材があると言われており、その種類は200にも及びます。

参考記事:白菜のカロリーと糖質は低い~料理や栄養素についても詳しく解説いたします~

キムチがダイエットに良い理由

まず、キムチは100gあたり27kcalと低カロリーな食品です。

そして原料に使われる唐辛子には、辛味成分のカプサイシンが含まれていることも大きな特徴です。

その理由ですが、カプサイシンには発汗を促す作用があります。発汗で体の中の老廃物や水分が排出されると、代謝が上がりやすくなり痩せやすい体作りに繋がります。

またキムチは発酵食品です。発酵食品には乳酸菌が含まれていて、腸内環境を整える効果が期待できます。

腸内環境が整うと善玉菌が増えるのですが、善玉菌には肥満を防ぐ働きもあります。積極的に増やしていきたいですね。

ダイエット

その他、期待できる効果

キムチにはビタミンB群が含まれています。

ビタミンB群は主に私たちの体を動かすエネルギーとして働きますが、別名「代謝のビタミン」とも呼ばれ、アルコールや脂質などの代謝とも関係が深く、体の調子を整える大切な働きをするビタミンでもあります。

キムチダイエットの方法

キムチを食事の中に無理なく取り入れながら、カプサイシンや発酵食品の効果を得ていくのがキムチダイエットです。

では、どのような方法が良いのかお伝えしていきますね。

食べる量と時間帯について

キムチの量は1日あたり50g程度が良いでしょう。と言いますのも、ダイエット効果が期待できるキムチですが塩分も多い(100gで約3g)ため、取り過ぎはむくみにつながるリスクもあるからです。

食べる時間帯は3食のうち、いつでもOKです。もしキムチの臭いが気になる場合は、夕食だと安心ですね。




納豆との組み合わせが良い

納豆キムチ

キムチの乳酸菌が、腸内で善玉菌として働くことはすでにお伝えしました。

一方、納豆には納豆菌が含まれています。そして納豆菌は生きたまま腸内に届き、腸内環境を整える働きがあるのです。

つまり乳酸菌と納豆菌のダブルの効果で、便秘解消の効果が期待できます。

便秘、つまり腸に便(老廃物)が溜まった状態では腸内に悪玉菌が増殖します。そしてむくみや血行不良につながり、代謝が下がる原因になります。

キムチ×納豆は、快腸ライフに役立つ組み合わせです。

参考記事:納豆ダイエットで痩せる!〜効果・食べ方・レシピを分かりやすく紹介〜

キムチ鍋やキムチスープはどうか

キムチ鍋

キムチを使う料理として人気の高い鍋やスープですが、ダイエットの観点から見るとキムチの加熱は控えた方が良いです。と言いますのも、乳酸菌は熱に弱い特性があるからです。

冷やしたものや常温のキムチを活用してくださいね。

市販でのおすすめキムチは?

キムチの味はメーカーによっても違いますので好みが分かれると思いますが、ダイエットの観点では唐辛子がしっかり効いたおいしいキムチ鶴橋(徳山物産)と、乳酸菌配合の「イチオシキムチ(美山)がお勧めです。

どのキムチにしようか悩む方は、これらのキムチを試してみてくださいね。


簡単!キムチダイエットレシピを紹介

それでは、ダイエットに役立つキムチのレシピをご紹介します。

先ほどご紹介した納豆とキムチの組み合わせに、低カロリーなめかぶを加えました。めかぶには水溶性食物繊維が多く含まれますので、更なる整腸効果も期待できるレシピです。

【キムチ納豆の冷や奴】
キムチ納豆めかぶ

【材料】〜1人分〜
・絹ごし豆腐    1/2丁
・納豆        1パック
・キムチ        30g 
・めかぶ          1パック
・ごま油     小さじ1/2

・めんつゆ       小さじ1/2 


【作り方】
①豆腐は4等分に切って器に入れる。納豆、めかぶ、キムチを盛る。
②①にごま油とめんつゆをかけて完成。




まとめ

以上、キムチのダイエット効果についてご紹介しました。

まとめますと、
・キムチは低カロリーな食品(100gあたり27kcal)
・唐辛子の
カプサイシンによる発汗作用で代謝が上がり、痩せやすい体作りに役立つ
・キムチは発酵食品、腸内環境が整うことで善玉菌が増え、肥満を防ぐ効果がある
ダイエットの観点から見ると、加熱は控えた方が良い

キムチには塩分も多いですので、1日あたり50g程度にすると良いでしょう。

そしてお勧めは納豆との組み合わせです。めかぶも加えたレシピも、ぜひ試してみてくださいね。

当記事が、あなたのダイエットに役立てれば幸いです。

なお弊社の開発する無料アプリ・シンクヘルスではカロリー&糖質を含む食事・体重・血糖値などの記録がカンタンにできます。日々の健康管理でぜひ活用してみてくださいね。

シンクヘルスの紹介

 

参考文献
日本食品成分表2021八訂 医歯薬出版株式会社
キッコーマン国際食文化研究センター 韓国の発酵食品 キムチとは
薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖 管理栄養士 植木もも子監修 西東社
厚生労働省 e-ヘルスネット ダイエット

    \SNSで記事の拡散お願いします/

LATEST BLOG最新ブログ記事