Sync Health Blog

日本酒のカロリーと糖質は高い?〜おすすめの銘柄とおつまみも紹介〜

日本酒のカロリーと糖質は高い?【おすすめの銘柄とおつまみも紹介】

当記事を監修した専門家:管理栄養士・調理師 前間弘美、編集長 宮田亘造(詳しいプロフィールはこちらをご覧ください)

日本酒は日本で昔から造られている伝統的なお酒です。

近年、日本酒は海外で「SAKE」と呼ばれ、アメリカやヨーロッパで大規模な日本酒イベントが開かれるほどの人気ぶりです。

ところが、日本酒を飲んでいると

「日本酒は太りやすい」
「ダイエット中だから日本酒は控えている」

そんな話を聞くこともあるのでは…と思います。

太りやすいというイメージの強い日本酒ですが、実際のところ日本酒のカロリーや糖質はどのぐらいあるのでしょうか?

ちなみに結論を先に申しますと、日本酒はアルコールの中ではカロリーと糖質が高めになっています。

それでは具体的なカロリーと糖質の数値とあわせ、おすすめの日本酒の銘柄とおつまみもご紹介いたしますので、どうぞ最後までお付き合いください。

日本酒のカロリーと糖質量

日本酒(普通酒)のカロリーは100mlあたり107kcal、糖質は2.5gで、この数値はお酒の中では高めです。

ちなみに日本酒とは、お米を原料として造る「清酒」のことです。

さらに清酒には、原料や精米歩合などの特定の条件を満たす「特定名称酒」とそうでない「普通酒」に分かれます。

普通酒には原料や精米歩合に厳しい決まりがないため、お手頃な価格帯のものがたくさんあります。そのため日常的に飲むお酒として購入される日本酒は普通酒であることが多いです。

一合とおちょこのカロリー&糖質も紹介

一合とおちょこのカロリー&糖質も紹介

日本酒(普通酒)1合のカロリーは193kcal、糖質は4.5gです。

また、おちょこ一杯は一般的には約30mlと言われており、カロリーは32kcal、糖質は0.8gになります。

参考までに日本酒の量の単位は「合」と表されることが多いです。「合」という単位は主にお米や日本酒を計量する時に使われ、1合は約180mlとされています。

ちなみにコンビニやスーパーでよく見かけるカップ酒は、1合で造られているそうです。

ビールやワインとの比較

お酒は日本酒やビール、ワインなどの醸造酒と、醸造酒を蒸留して造られた蒸留酒(焼酎やウイスキーなど)に分けられます。

そこで日本酒のカロリーと糖質を同じ醸造酒であるビールやワインと比較してみました。(100mlあたり)
ビールや赤ワインと日本酒の比較

このように日本酒はカロリーがとても高いことが分かります。また、糖質もワインに比べるとかなり高めです。

しかし注意したいのが、これはあくまで100mlあたりのカロリーや糖質であってお酒は種類によって飲める量が変わる、ということです。

お酒のラベルには必ず「アルコール〇%」と表示されているように、お酒に含まれるアルコールの量はお酒の種類によって異なります

厚生労働省が示す指標によると、アルコール摂取量の目安は1日当たりの平均で20g程度が良いとされています。(純アルコールで)

そしてアルコール20gをお酒に換算すると目安量は日本酒は1合(180ml)ビールは中ビン1本(500ml)赤ワインですとグラス約2杯弱(200ml)です。

そこでアルコール20gあたりのカロリーと糖質を計算し、下記に示しますね。
アルコール20gあたりの糖質とカロリー

このように、日本酒のカロリーはさほど高くないことがお分かりいただけると思います。

とは言え、日本酒の糖質はお酒の中では高めになります。アルコール摂取量の面からも、1日1合(180ml)と目安を決めて飲まれると良いでしょう。

参考記事:ビールの糖質&カロリーは太る原因か〜他のお酒と比較しながらポイント解説〜
     ワインは高カロリーだけど低糖質〜栄養素や手軽なおつまみも紹介〜

糖質制限中や糖尿病の方も飲んで問題ないか?

糖質制限中や糖尿病の方も飲んで問題ないか?

繰り返しになりますが、日本酒はお酒の中では糖質が高めです。

糖質制限中の方は赤ワインなど糖質の低いお酒を飲むことをおすすめいたします。

また糖尿病の方は、血糖コントロールが良好で合併症がない場合は適度な飲酒が可能とされていますが、多量飲酒は厳禁ですので主治医とよく相談して適量を決めて飲まれると良いかと思います。

おつまみには「かまぼこ」が良い

おつまみには「かまぼこ」が良い

日本酒と一緒に食べるおつまみにはさっぱりとした和食がよく合います。そこで簡単に食べられるおつまみとして、かまぼこはいかがでしょうか?

そのまま食べるのはもちろん、切れ目を入れたかまぼこにわさびを挟んでいただいても美味しいです。

かまぼこは100gで93kcalと低カロリーな上に、たんぱく質が豊富に含まれているので、ダイエットにも効果的な食材となります。ちなみにたんぱく質は体の代謝を上げるために必要な筋肉を構成する栄養素です。

また、日本酒を飲むと太る原因の一つに一緒に食べるおつまみや食事が挙げられます。

一緒に食べるおつまみや食事が高カロリーなものだと太る原因となる可能性が高いですので、かまぼこのような低カロリーなものを選ぶように気を付けると、ダイエット中でも安心して日本酒を飲むことが出来ますよ。

ただし、かまぼこは塩分が多いので食べ過ぎにはご注意ください。

まとめ

日本酒のまとめ

以上、日本酒はお酒の中ではカロリーや糖質の高めですので、1日1合(180ml)などの目安量を決めて飲むことが大切だということがお分かりいただけたと思います。

糖質制限中の方や糖尿病の方は、糖質オフや糖質ゼロの日本酒を活用しても良いですね。

またおつまみをかまぼこのような低カロリー食材にすることで、ダイエット中でも安心して日本酒を飲むことが出来ます。

おすすめの地酒もぜひ試してみてくださいね。

それでは当記事を参考に、日本酒を楽しんでいただければ幸いです。

 

参考文献
文部科学省 食品成分データベース
独立行政法人酒類総合研究所 お酒のはなし 日本酒1 お酒のはなし 日本酒2
月桂冠公式サイト糖質ゼロ 糖質70%オフ
厚生労働省 e-ヘルスネット アルコールと糖尿病 飲酒のガイドライン 飲酒量の単位

LATEST BLOG最新ブログ記事