Sync Health Blogシンクヘルスブログ

ハンバーグのカロリー&糖質は高め?〜絶品レシピも大公開〜

ハンバーグのカロリー&糖質は高め?〜絶品レシピも大公開〜

当記事を監修した専門家:管理栄養士・糖尿病療養指導士 白石香代子、編集長 宮田亘造(詳しいプロフィールはこちらをご覧ください)

「好きな食べ物は?」と聞かれて、ハンバーグと答える方も多いのではないでしょうか。子どもから大人まで、ハンバーグが好きな方は多いですよね。

そして美味しいハンバーグは、ファミリーレストランなど外食メニューの定番になるほど、欠かせないメニューとなっています。

けれど、「カロリーはどうなの?」「ダイエット中は食べていいの?」など疑問に思うこともあるでしょう。

実際、ハンバーグのカロリーは高く糖質は低めです。

そこで今回は、ハンバーグの具体的なカロリーや糖質量についてご紹介したいと思います。

ダイエット中でも安心して食べられる、低糖質&低カロリーハンバーグレシピもありますので、ぜひ最後までお読みください。

ハンバーグ1つあたりのカロリー&糖質量

ハンバーグ1枚(=100g/合い挽き)のカロリーは197kcal、糖質量は4.6gでハンバーグ単体では様々な食べ物と比べると、カロリーは高く、糖質は少なめです。

ちなみに、自宅でハンバーグを作る場合は、1個80~100gが一般的な重さです。

しかし、外食などでは大きめのハンバーグが多く、1枚150g程度(カロリー296kcal、糖質が6.9g)あるいはそれ以上になります。あわせてメニューにグラムが書いてある際は、参考にすると良いでしょう。

デミグラス・煮込み・和風・チーズのハンバーグでカロリー&糖質は異なるか

デミグラス・煮込み・和風・チーズのハンバーグでカロリー&糖質は異なるか

ハンバーグは、ソースやトッピングでカロリーや糖質量が異なります。代表的なものを比較してみましょう。
デミグラス・煮込み・和風・チーズのハンバーグでカロリー&糖質は異なるか

上記より、

カロリー : 煮込み > チーズ > デミグラス > 和風
糖質 : 煮込み > デミラス > 和風 > チーズ

であることが分かります。

つまり、カロリー・糖質ともに煮込みハンバーグが高い結果となりました。

これは、 ケチャップやウスターソースなどの比較的カロリーや糖質が高い調味料が多く入っている事が原因だと考えられます。




ダイエット中に食べてもOKか

糖質制限やダイエット向きか

ハンバーグをダイエット中に食べるのは問題ありません

しかし、ハンバーグは原料にひき肉(※)を使用しているのでカロリーや脂質が高い料理です。食べる量やタイミングに気を付けましょう。

(※)参考までに、牛ひき肉100gあたり251kcal、脂質は21.1g、牛肉肩赤みですと100gで183kcal、脂質は12.2gです。

そこで以下2つ、ダイエット中のポイントをお伝えしますね。

他の食事とのバランスを考える

1食だけではなく、その日1日に食べたものを意識してみましょう。

例えば…
・昼食に中華料理(脂っこい料理)を食べた日は、夕食をハンバーグにしない
・昼食に和食(脂の少ない料理)を食べた日は、夕食にハンバーグを選択する

などです。

同じ栄養を沢山摂らない

ハンバーグは肉料理です。同じたんぱく質である、チーズや卵などをトッピングするとたんぱく質が多くなり、カロリーが高くなり過ぎる可能性があります。

このような食材を使うときは、ハンバーグを小さめに作るなどしてみましょう。

参考記事:ハンバーガーのカロリーと糖質は高い?〜栄養とダイエットの観点から徹底解説〜

ハンバーグに含まれる栄養素

ハンバーグに含まれる栄養素

ハンバーグは合いびき肉を使って作ることが多いですので、牛肉、豚肉の栄養素を含みます。ですのでタンパク質、脂質を多く含み、鉄分、ビタミンB群などを含みます。

そして注目したいのは脂です。

肉に含まれる脂質は飽和脂肪酸と呼ばれます。これらは摂りすぎると、動脈硬化の原因となる悪玉のコレステロールを増やしたりします。

また、飽和脂肪酸は多すぎると生活習慣病につながる中性脂肪を増やす要因になるので、気になる方は少し注意すると良いでしょう。

参考記事:牛肉のカロリーは高く糖質量は少なめ〜ダイエットを考慮し部位別に量を紹介〜
参考記事:豚肉のカロリーと糖質が多め?〜部位別にわかりやすく解説〜

絶品!低カロリー・低糖質ハンバーグのレシピ

ひき肉を使う割合を減らし、カロリーオフ!また、きのこの旨味で美味しく食べられるきのこバーグをご紹介します。

そしてひき肉を鶏肉に替えると、さらにカロリーオフ出来ますよ。

【旨みたっぷり舞茸のヘルシーハンバーグ】
旨みたっぷり舞茸のヘルシーハンバーグ

【材料】〜2人分〜
・合いびき肉(鶏ひき肉) 100g
・玉ねぎ         1/2個
・舞茸          1パック
・卵           1個
・塩、こしょう        少々
・大根おろし      適量
・ポン酢          適量
・お好みで大葉

 

【作り方】
① 玉ねぎ、舞茸をみじん切りにし、電子レンジで軽く加熱し冷ます。水分が多い場合は水気を切る。
② 合いびき肉、卵、①を混ぜ、塩こしょうで味付けする。ゆるい時は小麦粉を少し足す。
③ 形を整え焼く。
④ 焼けたハンバーグに大根おろし、ポン酢を少量かける。




おからや豆腐を使ったハンバーグも美味

【豆腐とひじきの和風ハンバーグ】
豆腐とひじきの和風ハンバーグ

【材料】〜2人分〜
・絹ごし豆腐    1/2丁

・合いびき肉    100g
・玉ねぎ        1/2個
・ひじき       5g
・卵          1個
・パン粉         1/2カップ
・塩こしょう      適量
・ケチャップ      適量

 

【作り方】
① 絹ごし豆腐を泡だて器で混ぜ、滑らかにする。
② ①に、パン粉を混ぜ水分を吸わせる。
③ みじん切りにした玉ねぎと、戻したひじき、ひき肉と②、卵を混ぜ合わせる。塩こしょうで調味する。
④ ③の形を整え、焼く
⑤ 皿に盛り付け、ケチャップを少量つけて完成。

ハンバーグは何と一緒に食べるとよいか

ハンバーグは食物繊維を含む食べ物を一緒に摂取すると良いでしょう。

先ほどハンバーグなど肉に含まれる不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを増加させるとお伝えしましたが、食物繊維には血中コレステロール値を下げる働きがあります。

食物繊維は野菜・きのこ・海藻類などによく含まれており、これらを一緒に食べると良いですね。

まとめ

ハンバーグは糖質は高すぎませんが、脂質が多いためカロリーが高い料理でした。

なのでダイエット中に食べるのは問題ありませんが、食べ方や量に注意が必要です。

なお、ハンバーグはソースやトッピングに注意し、野菜を添えて食べるとよりよい食べ方といえるでしょう。

低カロリー&低糖質なハンバーグレシピもぜひ試してみてくださいね。

弊社の開発する無料アプリ・シンクヘルスでは体重・カロリー&糖質を含む、食事・血糖値などの記録がカンタンにできます。日々の健康管理でぜひ活用してみてください。

シンクヘルスの紹介

 

■参考文献
食品成分データベース 
・e-ヘルスネット 中性脂肪 
・e-ヘルスネット 脂質異常症
・e-ヘルスネット 食物繊維の必要性と健康


\SNSで記事の拡散お願いします/

LATEST BLOG最新ブログ記事