Sync Health Blogシンクヘルスブログ

目玉焼きのカロリーと糖質は高め?〜調理に注意すればOK〜

目玉焼きのカロリーと糖質は高め?〜調理に注意すればOK〜

当記事を監修した専門家:管理栄養士・糖尿病療養指導士 白石香代子、編集長 宮田亘造(詳しいプロフィールはこちらをご覧ください)

朝食の定番とも言える目玉焼きは、卵をフライパンに割り入れるだけで出来る、作りやすい料理ですよね。

そんな目玉焼きですが、糖質は少ないものの、油を使った料理なのでカロリーは卵料理の中ではやや高めです。

そこで今回は、ダイエットにも活かせる目玉焼きの調理時のポイントを解説していきます。

さらに、簡単で極上の目玉焼きレシピをご紹介するので、いつもよりリッチな味わいの目玉焼きが楽しめますよ。ぜひとも最後までお読みください。

目玉焼き1つのカロリーと糖質

目玉焼き1人前(卵1個使用)のカロリーは88kcal、糖質は 0.1gで、カロリーは食品の中では中ほど、糖質は低いです。

なので、特に糖質が気になる方(※)にとって、目玉焼きは魅力的な料理といえます。

(※)糖質は体を動かすエネルギー源なのですが、摂りすぎると中性脂肪として蓄積されてしまい、この状態が続くと肥満につながります。

目玉焼きに使うハム・ベーコン1枚のカロリー&糖質量

目玉焼きに使うハム・ベーコン1枚のカロリー&糖質量

ハムエッグやベーコンエッグなど、目玉焼きと一緒にハムやベーコンを食べることもありますよね。

ロースハム1枚のカロリーは39kcal、糖質は0.1gです。また、ベーコン1枚のカロリーは69kcal、糖質は0.1gですので、ハムやベーコンをプラスすると、カロリーがぐっと高くなります。

その理由ですが、ロースハムやベーコンは豚肉のなかでも脂の多い部位を使っているためです。なので食品の中でも脂質が多く、カロリーが高めなのです。

目玉焼きにハムやベーコンを添えると美味しいですが、食べ過ぎないようにしましょう。




卵焼きやゆで卵と比べカロリー&糖質量に大きな差はあるのか

ところで、目玉焼きと並んで代表的な卵料理には卵焼きとゆで卵がありますよね。

何となく、ゆで卵は低カロリーなイメージをお持ちかと思いますが、卵焼き・ゆで卵と目玉焼きにはカロリーと糖質にどれくらい差があるのか、みてみましょう。
:卵焼きやゆで卵と比べカロリー&糖質量に大きな差はあるのか

上記の通り、目玉焼きはゆで卵と比較するとカロリーは少し高いですが、卵焼きと比べるとカロリーと糖質ともに低いことが分かります。

なぜなら、卵焼きは砂糖やみりんを使って甘く味付けするためです。さらに、卵焼き器にくっつかないように何度も油を敷くためカロリーが高くなります。

塩こしょうのシンプルな味付けで楽しめる目玉焼きは、調味料のカロリーと糖質が抑えられる点が魅力ですね。

参考記事:【簡単】ゆで卵ダイエットのやり方を注意点をまじえシンプルに解説【栄養士監修】

カロリーを考慮した調理時のポイント

とはいえ、目玉焼きは使う油の量が多いとカロリーが高くなってしまいます。さらに、目玉焼きにかける調味料によっては、カロリーだけでなく糖質もアップするため注意が必要です。

そこで、カロリーと糖質を考慮した調理のポイントをご紹介します。

できれば油なしで調理がベター

できれば油なしで調理がベター

目玉焼きを焼くとき、目分量で油を敷いていませんか?

油に糖質は含まれませんが、小さじ1杯あたり37kcalと高カロリーです。

そのため、目玉焼きを焼くときは計量し、できるだけ油を控えて調理するのがポイントです。

しかし使い古したフライパンや鉄製のものは、多めの油がないと目玉焼きがくっついてしまうこともあるでしょう。そのような時は、フライパンに少量の水を入れて熱し、卵を割り入れるといいですよ。

なおテフロン加工のフライパンであれば、油なし、もしくはごく少量の油で目玉焼きが作れるでしょう。

オリーブオイルは体に良いの?

調理用の油のなかでも、オリーブオイルは健康に良いイメージがありますよね。

オリーブオイルが体に良いと注目される理由の一つに、熱に強いことが挙げられます。

実は、油の種類によっては加熱によって酸化されやすいものがあります。加熱によって油が酸化すると、『過酸化脂質』と呼ばれる細胞を傷つけてしまう脂質に変わってしまうのです。

そのため熱を加えても酸化しにくいオリーブオイルは、加熱調理と相性が良いともいえます。

さらに、オリーブオイルには油の構成成分の1つであるオレイン酸と呼ばれる脂肪酸に、悪玉コレステロールを減らす働きがあることです。しかも、オレイン酸には腸を刺激して排便を促す嬉しい作用もあります。

このように、体にとって嬉しい作用があるオリーブオイルですが、カロリーは上記でご紹介したサラダ油と同じく小さじ1杯あたり37kcalです。

体に良い油とはいえ、摂りすぎるとカロリーオーバーとなり、肥満につながるため気をつけましょう。

目玉焼きの調味料に注意

目玉焼きの調味料に注意

塩・こしょう以外に、目玉焼きによく使われる調味料のカロリーと糖質をご紹介しますね。
目玉焼きの調味料に注意

上記の通り、醤油はカロリー・糖質ともに低いですが、ウスターソースやケチャップは糖質がやや高いことが分かります。

またマヨネーズは糖質は低いものの、小さじ1杯で28kcalと高カロリーです。

目玉焼きには調味料をかけすぎないようにしましょう。

しかし塩だけでは味に物足りなさを感じてしまうときは、カロリー・糖質ともにほぼ0である粗挽き黒こしょうやカレー粉がおすすめです。

スパイスを活用することで、いつもの目玉焼きにピリッとした刺激が加わりますよ。

目玉焼きはダイエットに効果的か

このように、目玉焼きは油の使用量と調味料に気をつけて、カロリーと糖質を抑えておくとダイエットに効果的です。

そして卵を食べることでタンパク質を補うことができるのも、ダイエットに適する理由と言えます。

なぜならタンパク質は筋肉の原料となる栄養素だからです。筋肉ができることで基礎代謝(※)が上がり、痩せやすい体作りが期待できるようになります。

(※)基礎代謝は、体温調整や呼吸、心臓を動かしたりするために最低限必要なエネルギーのことです。

目玉焼きの栄養素

目玉焼きの栄養素

では、目玉焼きの栄養素にはどのようなものがあるか、みていきましょう。

まず、卵には『必須アミノ酸』と呼ばれる、食べ物から取り入れる必要があるアミノ酸がバランスよく含まれています。そのため、卵は体の中で効率よくタンパク質として働くことができるのです。

ほかにも、卵にはさまざまなビタミンが含まれています。特に注目したい栄養素はビタミンB2で、脂質の代謝や、エネルギー産生に必要な栄養素です。

なお、卵1個あたりにビタミンB2が0.26mg含まれているため、1日の推奨量に対して成人(18-50歳)男性及び女性の約21%を補うことができます。

参考記事:卵のカロリーと糖質は低い〜減量中でも使えます〜




簡単&極上の目玉焼きレシピ

それでは、簡単かつ極上に仕上がる目玉焼きのレシピをご紹介します。

ポイントは、ザルを使って『水溶性卵白』と呼ばれる卵の白身の水っぽい部分を取り除くことです。水溶性卵白が除かれることで、『濃厚卵白』のみになりますので、プリっとした濃い味わいの白身が楽しめますよ。

もちろん、カロリーを抑えるために、フライパンに敷くオリーブオイルは計りましょう。

【簡単!極上の目玉焼き】
【簡単!極上の目玉焼き】

【材料】〜1人分〜
・卵                        1個
・オリーブオイル  小さじ1/2
・塩、こしょう          少々

 

【作り方】
①ボウルにザルを重ね、ザルの中に卵を割り入れて水っぽい白身を落とす。
②フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、①の卵をそっと入れる。
③弱めの中火で3~4分焼く。
④白身が固まって、黄身が好みの固さになったら塩・こしょうを振って皿に盛る。

朝食に目玉焼きを食べる習慣は体に良い?

朝食に目玉焼きを食べる習慣は体に良い?

目玉焼きは朝食に食べることが多いですよね。

実は、朝食にタンパク質を摂取する習慣は体にとって嬉しい作用があるのです。

なんと最近の研究によって、活動が始まる時間である朝に多くのタンパク質を摂ることで、筋肉量の増加が促進されることが分かっています。

お伝えした通り、瘦せやすい体をつくるためには筋肉量が大きく関わるため、筋肉量を増やすためにも朝にタンパク質をしっかりと補給することが大切ですね。

まとめ

以上、目玉焼きのカロリーや栄養素について解説しました。

目玉焼きの糖質は少ないものの、卵料理の中ではカロリーはやや高めであることが分かりましたね。

ですのでダイエット中に目玉焼きを食べる場合は、調理に使う油の量を控えるようにし、カロリーや糖質が多い調味料を使いすぎないようにしましょう。

あわせて極上の目玉焼きレシピも、ぜひ試してみてくださいね。

それでは当記事が参考となり、ダイエット中に目玉焼きを活用していただければ幸いです。

なお、弊社の開発する無料アプリ・シンクヘルスでは体重・血糖値・血圧などの記録がカンタンにできます。日々のダイエットにぜひ活用してみてくださいね。
シンクヘルスの紹介

 

■参考文献
eat smart 目玉焼き

厚生労働省 食品成分データベース
カロリーSlims
日本養鶏協会 たまごの知識
東京聖栄大学健康栄養学部食品学科食品衛生学研究 オリーブオイル


\SNSで記事の拡散お願いします/

LATEST BLOG最新ブログ記事