Sync Health Blogシンクヘルスブログ

糖尿病足病変とは?原因と治療のポイントを3分で解説

糖尿病足病変とは?原因と治療のポイントを3分で解説

ある日あなたの足に、『水虫』や『タコ』ができていたなんて事はありませんか?

実は糖尿病の方こそ、その足のトラブルに要注意です。

というのも足病変は免疫が弱くなっている糖尿病患者が、何らかの感染症と傷などがあわさることによって発生します。

そして場合によっては足を切断しなくてはいけないことも。

では実際にどうすれば予防と治療ができるのかをかを、今回の記事でお伝えしていきますね。

糖尿病足病変とは?

糖尿病足病変とは、『糖尿病の方に起こる足のトラブル』です。

糖尿病に罹っている期間が長くなってくると、起こりやすくなってくると言われています。

そして糖尿病足病変の初期症状は多彩です。

代表例では『足趾の変形』『※陥入爪』『爪白癬』『足白癬』『靴ずれ』『乾燥・亀裂』『うおのめ、たこ』等があります。

※陥入爪:爪の周囲が皮膚に食い込む状態

これらの初期症状が進行していくと、『※蜂窩織炎』『※壊死性筋膜炎』『足潰瘍(皮膚の欠損)』『壊疽(組織の壊死)』に繋がることもあるのです。

※蜂窩織炎:皮膚とその下部の組織に細菌が感染して炎症が起こる病気
※筋膜(筋肉を覆う結合組織の表面)に沿う形で皮膚の深い箇所で壊死が広がる病気

蜂窩織炎や壊死性筋膜炎は、糖尿病足病変によって小さな傷ができ、そこに細菌が感染することによって発生します。

一方で足潰瘍や壊疽は、逆に感染などをきっかけに傷が悪化することによって発生します。特に壊疽は、進行すると足を切断しなくてはいけないこともあるので、予防や速やかな治療が必要です。

参考記事:傷の治りが遅いのは糖尿病が原因?~仕組みと対応をわかりやすく解説~

糖尿病足病変の原因

糖尿病足病変の原因

糖尿病性足病変がどうして起こってしまうのかを説明していきますね。

糖尿病の方は、白血球の中に含まれる好中球(細菌を食べてくれる役割)の機能が低下することによって起こる『易感染性』、血糖値が上がることで血液中のブドウ糖の濃度が上がってしまい血液の流れが悪い状態になる『血流障害』血流障害や代謝機能の異常などが原因で起こる『神経障害』といった状態が生じるケースがあります。

まず感覚・運動神経の障害によって、痛みを感じにくくなったり触覚の障害が起こったりすることで、靴擦れ・たこ・ケガが起こりやすくなったり悪化しやすくなったりします。

さらに自律神経障害によって発汗が低下することにより、皮膚が乾燥していたり皮膚のバリア機能が低下したりすることから、感染しやすい状態になってしまうのです。

参考記事:糖尿病だと感染症になりやすい? ~理由と対処法をシンプルに解説~

できた傷などから細菌が入り込んだらどうなるでしょうか?例えば易感染状態になっていると、感染して潰瘍ができてしまいます。

さらに血流障害が起こっていると、酸素や栄養が足先まで届きにくくなっているため傷が治りにくくなったり、新たな潰瘍や壊疽を起こしてしまうのです。

治療のポイント

糖尿病足病変は重症になると、入院して治療をしなくてはいけないことも。

実際にどんな治療があるの?と思う方も多いと思うので、説明していきますね。

 

糖尿病性足病変の治療について

糖尿病足病変の治療のポイントは放置しないことが大事です。

「水虫がある」「足に傷ができた」「足が赤く腫れている」等の症状がある方は、糖尿病の先生に相談したり、皮膚科を受診したりしましょう。

予防をするには

糖尿病足病変は、潰瘍や壊疽まで進行すると足を切断しなければいけない場合があります。もちろん足の切断なんてこれからの生活を考えると避けたいですよね?

そのために大事なのは予防すること。そして予防のために大切なのはフットケアです。

フットケアのポイント

フットケア

フットケアの6つのポイントを紹介します。

①異常が出たらすぐに連絡

外傷や腫れ・痛みなどが出たら、すぐに受診をしてください。「次の外来の日まで様子を見よう…」と放置するのは禁物です。

②禁煙

喫煙は末梢の血流を低下させてしまいます。禁煙に努めましょう。

③毎日足をチェック

足を清潔に保ち、異常がないか毎日確認してください。見えにくい場合は鏡を使うと見やすくなります。

④足に合った靴を選択

かかとの高い靴は避け、履く前に異物が入っていないか確認することが大切です。

⑤爪を正しく丁寧に切る

深爪しないように注意することが必要になります。また、ストレートにカットするのが良いです。爪が厚くなって割れやすい状態や陥入などがあれば、医師に相談しましょう。

参考記事:足の巻き爪は切り方が原因? 〜治療から対策までシンプルに解説〜

⑥熱湯に注意

熱湯は皮膚を傷つけるので、お湯の温度を確かめてから入浴することが大切です。また、冬場のコタツや暖房器具は、体から離して低温やけどをしないように注意しましょう。

まとめ

以上糖尿病足病変について、理解は深まりましたでしょうか?

最後に今日の話を以下4点にまとめました。

・糖尿病になると感染症に弱くなる
・足病変とは主に感染と足の傷などが原因で起こる
・足に異変が起きたら放置せず早めに医師へ相談
・予防にはフットケアが大事


あなたのこれからの生活が少しでも楽しいものになるように、足元には気を付けて毎日を過ごしてもらえると嬉しいです。

なお、弊社の開発する無料アプリ・シンクヘルスでは血糖値や食事の記録がカンタンにできます。記録がグラフになり状況が把握しやすいのでぜひ活用してみてくださいね。

 

参考文献
国立国際医療センター糖尿病センター(2016):糖尿病足病変(参照:2020年10月2日)
医療情報科学研究所編(2019),病気がみえるvol.3 糖尿病・代謝・内分泌 第5版,P82-85

編集&執筆者情報:こちらをご覧ください


\SNSで記事の拡散お願いします/

LATEST BLOG最新ブログ記事