Sync Health Blogシンクヘルスブログ

コーヒーを飲んだら痩せる?〜ダイエット効果・飲み方・オススメの一品を紹介〜

コーヒーを飲んだら痩せる?〜ダイエット効果・飲み方・オススメの一品を紹介〜

当記事を監修した専門家:管理栄養士・調理師 前間弘美、編集長 宮田亘造(詳しいプロフィールはこちらをご覧ください)

飲むだけで痩せる、魔法の飲み物があったら魅力的ですよね。

しかし残念ながらそんな飲み物はないのですが、実はダイエットの味方になってくれるかも?というものがあります。

それはなんとコーヒー。

私たちの生活に馴染みの深いコーヒーですが、実はダイエット効果があるようだ、という研究が報告されているのです。

そこで今回は、コーヒーのダイエット効果と飲み方のポイントについて紹介します。

お勧めのダイエットコーヒーもお伝えしますので、ぜひお読みください。

コーヒーのダイエット効果について

コーヒーに含まれる成分の中でも、特にカフェインがダイエット効果を高めるようだ、ということが研究で明らかになってきました。

カフェインに脂肪燃焼効果があるって本当?

結論からお伝えしますと、カフェインの脂肪燃焼効果は期待できるでしょう。

なぜならカフェインには自律神経を活性化させる働きがあります。そして、自律神経が活性化すると食欲を抑制し、脂肪の代謝を高めるので脂肪燃焼効果があると言えるのです。

しかし、ある研究ではカフェイン入り・カフェインレスのどちらのコーヒーでも脂肪代謝が高まったことから、コーヒーの香り成分や苦味物質自体が、自律神経を活性化させるという結果も報告されているようです。

カフェインの脂肪燃焼効果についてはまだ研究段階ですが、今後の研究報告にも注目していきたいですね。




コーヒーダイエットでは飲み方がポイント

しかし、コーヒーだったら何を飲んでも良いわけではありません。

そこで、飲み方や選び方のポイントを紹介します。

ブラックで飲もう

コーヒーダイエットでは飲み方がポイント

コーヒーを飲むときはブラックを選ぶようにしましょう。甘い缶コーヒーが好きな人もいると思いますが、実は思っているよりたっぷりの砂糖が使われています。

参考までに、一般的な甘い缶コーヒーには、なんとスティックシュガー6本分もの砂糖が入っています。

甘い飲み物はお腹ぽっこりへの近道です。ですのでダイエット効果を期待してコーヒーを飲むときはブラックコーヒーを選んで、香りも楽しみながら飲むと良いでしょう。

食後のコーヒーはホットで

食後にコーヒーを飲むときは、アイスよりもホットがおすすめ。なぜなら温かい飲み物には食欲を抑えてくれる効果があるからです。

なので、食後のホットコーヒーは「この後は間食しないよ」のサインにもなりますね。

市販のインスタントよりドリップを選ぶ

市販のインスタントコーヒーも十分美味しいですが、ダイエット効果を求めるのならドリップが良いでしょう。

ドリップの方がカフェインもやや多く含まれています。

また、香りが豊かなので食欲抑制効果もより期待できます。ぜひ、ドリップコーヒーの味と香りを楽しんでみてください。

運動前に飲もう

運動前に飲もう

コーヒーがエネルギー消費量を高めてくれている時間は、絶好の運動タイムです。

カフェインは摂取後30分で血中濃度がピークに達し、その効果は4時間程度持続します。ですから、この時間帯に運動を取り入れるのがおすすめです。

特にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うことで、効率よく脂肪を燃焼させる効果が期待できます。

コーヒーダイエットでの注意点

コーヒーに含まれるカフェインは適量であれば、頭をスッキリさせて、集中力をアップさせてくれる効果がありますが、摂りすぎるとめまいや頭痛、吐き気を引き起こすこともあります。

コーヒーの飲み過ぎには注意しましょう。




1日3〜4杯が目安

1日3〜4杯が目安

カフェイン摂取量の基準値は個人差が大きいことから、国内の公的な機関においても具体的な数値を設定しているケースはあまり見受けられません。

しかし、WHO(世界保健機構)では妊婦に対し「コーヒーの量を1日3~4杯にすべき」としています。

またカナダ保健省では「健康な成人のカフェイン摂取量を1日最大400mgまで」と注意を呼びかけています。コーヒー1杯に含まれるカフェイン量は約80〜100mgですので、やはり1日3〜4杯を目安にすると良いでしょう。

参考記事:糖尿病患者さんはコーヒーを飲んでも大丈夫?

お勧めのダイエットコーヒーを紹介

上記の通り、ダイエット効果が期待できるコーヒーですが、特にお腹まわりをスッキリさせたい…という方には、「大正製薬 リビタ (Livita) ファットケア スティックカフェ モカ・ブレンド」が良いでしょう。

と言いますのもこの商品は機能性表示食品で、企業の責任で商品の科学的根拠や安全性などの情報を消費者庁へ「届け出」を行っているからです。

そしてファットケア スティックカフェモカ・ブレンドには、コーヒー豆マンノオリゴ糖というカフェイン・ポリフェノールなどから取れた成分が配合されています。

基本的な安全項目をクリアしているだけではなく、お腹の脂肪やウエスト周りに関する研究結果をふまえて効果を訴求していますので、より安心できますね。

まとめ

この記事ではコーヒーのダイエット効果について紹介しました。

コーヒーに含まれているカフェインには、自律神経を活性化させて脂肪燃焼を促進させる効果があると言われていることから、ダイエットに役立つ可能性があることが分かりましたね。

そしてコーヒーでよりダイエット効果を感じるために、以下4つのポイントを押さえましょう。

・砂糖が入っていないブラックで飲む
・食後には食欲を抑えてくれるホットコーヒーがおすすめ
・香り成分やカフェインが豊富に含まれているドリップタイプを選ぶ
・運動前に飲んで脂肪燃焼効率をアップ

なおコーヒーに含まれているカフェインは、摂りすぎると健康被害を引き起こす恐れもあります。コーヒーは1日3〜4杯を目安に飲むようにしましょう。

コーヒーを飲むだけで痩せるわけではありませんが、上手に活用するとダイエットの味方になってくれるでしょう。今回紹介したポイントを押さえて、ぜひコーヒーを普段の生活に取り入れてみてくださいね。

例えば弊社の開発する無料アプリ・シンクヘルスでは体重・カロリー&糖質を含む、食事・血糖値などの記録がカンタンにできます。日々の健康管理でぜひ活用してみてください。

シンクヘルスの紹介

 

■参考文献
コーヒーと健康 – 全日本コーヒー協会

食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A – 厚生労働省
カフェインの過剰摂取について – 農林水産省


\SNSで記事の拡散お願いします/

LATEST BLOG最新ブログ記事