Sync Health Blog

ブラジル料理ってどんなもの?〜カロリーやお勧めを紹介(食レポ付き)〜

ブラジル料理ってどんなもの?〜糖質・カロリーを中心に管理栄養士が解説〜

当記事の監修者:管理栄養士 白石香代子  編集長 宮田亘造(詳しいプロフィールはこちらをご覧ください)

「ブラジル料理、一度は食べてみたいけど、やっぱりカロリーは高いのかしら…」

日本から見ると、ちょうど地球の反対側にある国、ブラジル。

そんなブラジルは熱帯気候に属することから、陽気なイメージをお持ちの方も多いと思います。そしてブラジル料理といえば、バーベキューや揚げ物を想像しがちですが、実際はどんなものなのでしょうか。

そこで今回は、ブラジル料理のご紹介と併せてカロリーや糖質にも注目した内容をご紹介することにしました。

さらには日本国内でブラジル料理を満喫できる、意外な場所もお伝えしますよ。

それでは早速まいりましょう!

ブラジルは多彩な食文化の国

ブラジル料理はグルーバル
そもそもブラジルは、ポルトガルやスペインなどのヨーロッパ系、韓国や中国などのアジア系、そしてアフリカ系の民族など、多彩な人種の人々が暮らす国です。

そして過去にはたくさんの日本人が移民としてブラジルに渡ったこともあり、日系人も多く住んでいます。

こうしたことから、出身が異なる多くの人種がブラジル国民になっているのです。そのため食も多様で、ブラジルには複合的な食文化が形成されています。

ブラジル料理の特徴は? 

バラエティー豊かな食品を使った料理が楽しめるのが、ブラジル料理の特徴でしょう。

例えば主食だけを見ても、米や豆、芋など幅広く、様々な食べ物を楽しむことができます。

またブラジルは、牛の数が世界の中でもトップクラスです。なので、ブラジル料理の中には牛肉を使ったものが多くあります。

ちなみにブラジルは世界で5番目に大きな国で、その広さは日本の約23倍です。ですので、ブラジル国内でも地域によって気候風土が異なり、食事も違います。

例えば、南東部のリオデジャネイロでは米や豆の料理が多く、サンパウロはイタリアやスペイン、日本などからの移住者が多いこともあり、野菜や魚も豊富です。

一方、北部のマナウス(アマゾン川流域)ですと、アマゾン川の魚やキャッサバ、ヤムイモなどがメインとなります。

ブラジル料理はカロリーが高いものが目立つ

ブラジル料理

それではブラジルのご飯について、見ていきます。

一般的にブラジルの朝ごはんはパン食が多く、フランスパンの小型のようなパンにバターを塗り、ハムやチーズを挟んで食べるのが定番スタイルです。

そして昼食は、ご飯とインゲン豆の煮込み(フェジョン)、肉や魚の料理、ポテトフライ、野菜サラダという組み合わせが一般的です。

なおブラジルの夜ご飯は、昼ごはんとほぼ同じようなメニューとなります。

こうして3食を見ると、昼と夜のスタイルは日本の定食に似ているように思われますが、実際のところ、ブラジル料理は炒め物や揚げ物、さらには魚より肉を多く使うため、脂肪が多いものが目立ちます。

ちなみにブラジルの米は日本の米より細長く、粘り気が少ないため、塩で味付けしたり油で炒めて炊くケースもあるのです。

つまりはすべての料理に当てはまるわけでありませんが、一般的に油を多く使うブラジル料理はカロリーが高い傾向にあると言えますね。

糖質はどうか

ブラジルのお菓子
ブラジル料理のメインディッシュの肉や魚は、煮るか焼くだけのシンプルなものが多いため、糖質量は少なめと思われます。

しかし、付け合わせや軽食には揚げ物が多く、衣(小麦粉やパン粉)の分、糖質量は高くなるでしょう。

またブラジル料理は食後のデザートも非常に甘味が強いものが多く、スイーツの糖質はかなり高めと推測されます。

とはいえ、

カロリーや糖質が高いのは気になる…」

このようなことを考えて、美味しいブラジル料理を控えるのはもったいないです。

ダイエット中の場合はヘルシーな野菜や豆料理を多めにオーダーしつつ、楽しむのも一つの手ですよ。

栄養バランスは整えやすい

ブラジル料理の良さは、メニューの組み合わせにあります。

繰り返しになりますが、献立は日本の定食スタイル(一汁三菜)とよく似ていますので、自然に栄養バランスが整えやすくなるのです。

主食はエネルギー源となる糖質が多く、米と相性の良い豆、肉や魚は体を作るタンパク質源、そして野菜から体の調子を整えるビタミン・ミネラルが補えます。

ブラジル料理の代表的な食べ物を紹介

では具体的にブラジル料理にはどのようなものがあるのでしょうか。国民食とパーティー食での人気料理をご紹介しますね。

給食でも登場の煮込み料理 「フェジョアーダ」

フェジョアーダ
フェジョアーダは代表的なブラジル料理のひとつです。黒いんげん豆やソーセージ、牛肉などを煮込んだ料理で、ブラジルの国民食とされています。

日本では給食メニューに登場することもありますので、食べたことのある方も多いかもしれませんね。

ボリュームのあるフェジョアーダは疲れが出始める週の半ばの水曜日と、週末元気に過ごす目的で土曜日に食べると良いとされています。

そのため、ブラジルのレストランでは水曜と土曜の定番メニューになっているところも多いようですよ。

人気のパーティ料理は「シュラスコ」

シュラスコ
ブラジル人はパーティが好きで、休日には友人や家族でよくパーティをします。その際に定番として作られるのがシュラスコです。

シュラスコは牛肉や豚肉などを切って串に刺して焼いたもので、この一品があるだけで、華やかなパーティになります。

参考記事:牛肉のカロリーは高く糖質量は少なめ〜ダイエットを考慮し部位別に量を紹介〜

ブラジル料理のお店なら、群馬へGO

実は日本でブラジル料理を心ゆくまで満喫できる場所があります。それが群馬県の大泉町です。

なんと意外にも大泉町にはブラジル人やペルー人等の日系人が多く、町の中にはブラジルのお店を多く見かけます。

そこで実際に現地に赴き、ブラジル料理を食べてみました。

【レストラン・ブラジル】
ブラジル料理
外観からブラジルの陽気な雰囲気が伝わってきます。ちなみにこのレストラン・ブラジル、ドラマ「孤独のグルメ」に登場した店としても有名です。

野菜サラダはバイキング形式で好きなだけ食べられます。ダイエット中は特に嬉しいですね。

下記は、ブラジル風牛肉煮込みのカルネ・デ・パネラです。簡易的な豆の煮込みもセットで付いていました。牛肉はとても柔らかく、濃厚でご飯がすすみます。豆の煮込みは塩気が効いていて、シンプルな味でした。

シュラスコもいただきました。ボリューム満点で、「こんなに美味しい串焼きは初めて」といっても過言ではないかもしれません。

群馬に行く機会がありましたら、ぜひ大泉町で美味しいブラジル料理を食べてみてください。

まとめ

以上、ブラジル料理についてご紹介しました。

多くの人種が集まったブラジルの食は多様で、複合的な食文化があることがお分かりいただけましたね。

ブラジル料理はバラエティー豊かですが、肉や油が多い傾向にあるため一般的にはカロリーが高めです。

そこでダイエット中の方は、野菜や豆料理を中心にブラジル料理を選ぶのが良いでしょう。そして代表的なブラジル料理は、豆を煮込んだフェジョアーダや肉を串焼きにしたシュラスコです。

なお、群馬県の大泉町では本場の味が楽しめます。機会があれば行ってみてくださいね。

最後になりますが、当記事を参考にブラジル料理に親しみをお持ちいただければ幸いです。

なお、弊社の開発する無料の人気アプリ・シンクヘルスでは食事、体重、運動、血糖値の記録がとてもカンタンにできます。日々の健康管理・維持にぜひ活用してみてくださいね。

 
【参考文献】
明治 比べてみよう 世界の食と文化  ブラジル連邦共和国
絵本世界の食事7 ブラジルのごはん  銀城康子  農文協
絵を見て話せる  タビトモ会話  ブラジル  J T Bパブリッシング

LATEST BLOG最新ブログ記事